これはシフト制の仕事についてです。

「シフト制」の仕事に関する話なのですが、毎週、一定の曜日…

  • シフトの仕事についてです。毎週、特定の曜日に仕事できる人を募集している求人をけっこう目にするのですが、もし、応募しようと考えているならシフトの出し方や休む手順については、前もって確認しておくべきです。それはなぜかというと、私は過去、産休で抜けた人の助っ人として、正社員の仕事をはじめたのですが、私のシフトがそこでは「土曜、日曜」固定のシフトで、新人の私以外は、誰一人現場にいませんでした。前任の女性が「土曜、日曜」に必ず出る人だったので、私自身もそのような人と思われていたようです。「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフトを変更してもらわなくてはならず、職場の先輩たちに「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と私自身が頭を下げなくてはいけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日を1人の人に任せるって・・・思い出す度、本当によく我慢してやってこれたと思います。
  • 経験のない分野などに転業する際には、自分が前の会社・・

  • 経験したことがない業界などに転身したいと考えているときには、自分の以前の仕事で養われた腕前やこれまでの経験を発揮することができるという訴えが必要になります。初めてのジャンルの場合、未経験の分だけその分野の経験者よりも実際のところ、不利な状態になりますけど、自分が保持している力がそこでも十分に発揮することができるということを話せれば、戦うことができる場合も十分にあります。以上のことを踏まえ経験したことがない分野に挑む場合は、その分野と前の職場でやっていた仕事との関係性を可能な限り考えましょう。
  • このような話は知り合いの話です。

  • この話は従兄の話です。新卒の就職活動でどうしても勤務したかった最終目標であるA社で行われた最終面接を受けながら内定を得ることができず、そのため不本意ながら別の会社に就職しました。その後2年経ったぐらいに派遣の求人サイトを閲覧する中で奇遇にもA社の紹介予定派遣の仕事を発見し、気持ちを抑えることができなくなってその時働いていた会社をすぐ辞め、A社に派遣という形で就労しました。やったな、と思った行動です。必死のパッチで頑張ってそれから先計画通りにA社で正社員登用され、現在は仕事のやりがいを感じながらいきいき仕事をしています。
  • 転職での面接などの時にもし面接担当者に名刺を手渡されとしたら・・

  • 転職の面接などにおいて名刺を差し出してきたら、あなたも名刺を相手側に渡すべきであるのか?ないのか?と悩んだときは、普通一般的には差し出す必要はないと考えておきましょう。転職のための面接というものは仕事の一環ではなく、仕事を得るための採用活動内のことなので、ほとんどの場合は名刺をやりとりする場ではないのです。加えて、あなたは会社の者としてではなく、あなた個人の問題でそこにいるわけです。ですので、相手の方から名刺を渡された時でも、こちら側は名刺をもらうだけで問題なくて、面接担当者に相手に渡す義務はまったくないと判断できるのです。
  • 失業によって得られる失業保険は、失業のあいだが給付の条件ですが・・

  • 失業によって得られる失業保険は、失業している間もらえるが、この給付には、しっかり「期間」があります。それまで勤務してきた期間によって変動し、3ヶ月とか、1年と決定するのですが、この事実を知らない人がいたりします。永久にもらえるものと勘違いして「失業保険が給付される間は遊びに使う」という人を見かけますが、失業保険はあと1ヶ月のみ、という段階で気づいてから急に職を探し始めても好条件の仕事を見つけるのは困難です。会社の面接官もバカでは無いので、いつ失業してどの程度の時間経過しているか、その間まじめに仕事を探していたかといった箇所はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。場合によっては、面接時にそういった質問をされるキケンもあります。答えに詰まったり、不自然な嘘をついたりしていると、まず受かりません。
  • 再就職をする際に閲覧することになる募集事項は、おおまかなものとし・・

  • 転職を考えている際に見ることになる募集内容に関しては、参考程度に記載されている、ということもあります。なので、情報として書いてあることをすべて正しいことだとは迂闊に信頼すのはやめておいたほうがよろしいかと思います。中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる報酬面に関しては、社員を平均した値なのか?最低限なのか?最も高く見込んだ給料であるのか?というような評価ができない人のほうが多く自分の判断で考えてしまうと、悔いが残る可能性も少なくはないのです。そういった訳で、そんな風にならないためにも、求人情報に関しては、基準だと思って、そういったようなとても肝心な内容は会社の方に直に問い合わせた方がベストです。
  • 大きな転職エージェントは、たくさんの案件を抱えている…

  • 大手の「就職エージェント」ほど、多数の案件があるという強みがあるといえますが、それと同時に競合する転職希望者もたくさんいます。あなたが、気になる企業を見つけても、担当スタッフが見込みが少ないと判断すれば応募してくれない場合もありますし、企業から見てあなたよりも有能なライバルがいれば、そのライバルを優先したりもするのです。このように大規模な転職エージェントの場合、サイトに掲載していない案件をデータ宝庫として扱い案外応募できないので、発想を変更して少し規模の小さいエージェントに対し、気になる会社や案件を伝えておき、応募できないものでしょうか?と話しをすると転職希望者のために動いてくれることもあるので、そのような活用も良いかもしれません。