転職活動をするいあたっては、始める前に、ハローワークやインターネット上の求人情報を閲覧したりして…

転職活動では、始める前に、ハローワークの求人票を閲覧したりして…

転職活動を始める場合、始める前に、ハローワークや求人雑誌の求人情報を閲覧したりしてその会社のことを調べるはずです。その会社が情報を公にする際には、、コンサルタントから指導を受けている場合が多いです。コンサルタントは、会社に都合の悪い情報を隠すプロでもあります。仮に公開したとしても遠回しな表現に徹します。そういった類の「社長インタビュー」などに関しては、それをすべて事実だと捉えるのではなく、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。美辞麗句を鵜呑みにしてしまった場合、「こんなはずじゃない!」と後悔することになりかねません。たちの悪い会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は難癖をつけて、辞めさせないよう仕向けてきます。このようなブラック企業には注意しましょう。

昨今では、株・不動産投資をはじめとした不労所得のほか、…

今では、株・不動産投資などの不労所得で儲けたり、個人経営 ・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そういった変化に伴い、「自営業は安定しない」といった考えも変わりつつあります。高度経済成長時代には、不安の残る自営業よりも雇用されて働くほうがはるかに安定性があり、人が生きていくうえでもっとも正しい道として世の中に認識されてはいました。しかし、そのような時代は終わり、今現在は「成熟期」という風にも表現されています。今後は、機械化、自動化が進んで仕事でも人がいらなくなっていく社会です。

人生はじめての転職をされるなら、心がけるべきことはなぜ現在の仕事を辞めたいかにつ・・

最初に転職をするのであれば、重要なのはなぜ現在の仕事を辞めたいかについてクリアにしておくことです。その理由が根本問題なので、必ずやっておく必要があります。その後問題を解消できる企業を決めていきましょう。社会人の転職活動は、新卒時の就職活動とは違い、今の仕事を継続しながら就職活動を続けるので、時間的な余裕と、気力体力が必要になります。ゆえに理由が明確にされないまま転職活動をした場合、途中で行き詰まってしまう危険があります。絶対に転職したい、現状を変えたいという強固な情熱がないのであれば、転職活動を始めるのは、辞めておくのが賢明です。

転職をするにあたっては、様々な経路で情報を得るのが通常だと思いますが、…

転職を行うにあたっては、いろんな経路で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトはとても役に立ちます。一時期、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからという理由で、損害賠償を、その掲載会社に請求した事例がありましたが、辞めた・辞めさせられたという社員の腹いせによってそのような口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、見方を変えると、ウソの書き込みであれば会社側が対処しなくても良いはず、ともいえます。ですが、本当のことが書いてあるので会社側としては、「このままではマズイと思い、なんとか火消ししたい」としていると考えることも出来ます。「口コミサイト」も炎上ネタが増えることでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、悪い口コミが多いということは、その分トラブルが発生するリスクが高い地雷企業であるとみなしていいでしょう。人もそうですが、善良企業の場合トラブルは起こりません。

とある古物商の求人に応募し、書類審査に合格しました。その後…

とある古物商の会社で、書類選考をクリアしました。その後面接の日時について相手方から連絡をもらい、けれども、当日、時間通りに指定場所まで行ってみると、なぜか相手が面接の用意を一切していないことがわかりました。しばらく待っていると、所長らしい男性が面接に応じてくれましたが、けだるい表情を見せ、何とか面接が終わりました。予定日を過ぎているのに、採用結果もまったく告げられず、もどかしくなり、私から問い合わせると、「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待ちましたが、結局届かず、そこでもう一度問い合わせてみた結果、「今回はご縁がなかったということで」とこちらが話す隙もないまま電話を切られてしまったのです。あまりのことに呆れ返ってしまい何も言えませんでしたが、正直、不採用で良かったと思っています。

仕事によって精神的につらくなり、職場を変えなくてはいけない状況に追い込まれたのなら…

仕事のせいで回復が難しいほど心的なダメージが蓄積され、転職を考えざるを得ない状況となったなら、そんな時は、相談するのは職場の人にするよりも家族と話して、退職するかどうかの判断をしてみましょう。なぜならば、働くのは当事者であるあなたですが、同時に、家族の問題ともいえるのです。どれだけ報酬が良くてもメンタル面がボロボロになるほど我慢して仕事を続けることは好ましくありません。今の時代は金銭的なことよりも、働きやすいことを重視する生き方も段々と増えていっています。ですから、あなたの身内や、自身の心と体も大切にしましょう。

数日前新しい仕事先を見つけようと人材会社へと登録に行きました。

一昨日転職のために人材会社へと登録に行きました。そのとき登録カウンセリングに出てきた担当の人の雰囲気がどうも20歳そこそこの社員のようで、私が伝えたいことの半分もわかっていない模様。それなのに「このキャリアデザインではダメですね」とか「もっと強みを明確化しいていくことが重要です」等、一丁前の話を偉そうにしゃべるので大変嫌な気持ちになりました。カウンセリングを担当する人はそれなりに社会人を経験している人にしてほしいと感じます。