転職した際には、だいたいの場合は前の仕事の多くは美化された記憶となります。

仕事を変えた場合には、高い確率で前の仕事の美化されるものです。

  • 転職すると、高確率でそれまでの仕事での大方の出来事は美化されます。本当は今の職に不満を覚えるから、そういった思いをどうにかするために、せっかく転職したはずなのに、しばらくして過去を振り返ると、転職後の会社よりも「前の仕事のほうが良かった」と思ってくるのです。それというのはもっともなことで前の職場では日々の業務をこなすことに慣れきっていて楽に日常の業務がこなしていたのが、根底にあるはずです。とはいえ「やっぱり転職しなけりゃよかった」と真剣に思うほど、過去の会社のほうが労働環境や、待遇が良い可能性もあります。

  • それ以外の職業に「転職しよう」と思う原因はその人それぞれ。色々な事情があるはずです。

  • 看護師という職業の人のそれ以外の仕事に転職を決断するキッカケは、その人それぞれ。色々な事情があるはずです。それを見てみると看護師が他の職業への転職するには「職場環境に自分と相性の悪い上司・同僚がいる」「結婚してから自分勝手にできなくなって出産さらに子育て加えて家族の介護など、いくつかの変化によってこれまでと同じような今の仕事を続けられなくなっている」「現在の収入面で不満がある」というような悩みが考えられますね。しかしながら、実際に転職される前に「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、ゆっくり沈着冷静に現在の状況を客観的に見つめ直すこともしてみてください。「実際に転職したら状況が好転するのか?」と再考したのち、決断されることを強くお勧めします。

  • 新卒で入社した会社を離れ、転職を決意しました。

  • 新卒で入社した会社を離れ、悩みましたが、転職すると決めました。実際に行動する前は、しばらくの間将来のことを考え不安になりました。ですが、社会人になって数年後には仕事を辞めて、沢山の人が転職を経験していることを自らの転職活動で気づき、いつの間にか将来への不安が消えました。1回でも転職をするとなんというか、肩の荷が下りるような気分になり、「自分のやりたいこと」を優先できて楽しいものになりました。いまだ「仕事を途中で投げ出すようなことではダメだ」という考えの方も、もちろんいますが、それが必ず正しいのかなと思いました。私の場合、転職を決断して良かったです。

  • 転職の活動中はとにかく、最初に常に内心が静かであるというこ…

  • 転職をする活動を効率的にやっていくには、まず必ず心のうちが沈着であるということをとても大切にしましょう。働きながら転職の活動をする場合はあまり気にする必要はありませんが、退職後にするのであれば、どうしても気持ちが焦燥感が出てしまいがちです。そのため、気持ちを落ち着けながら転職活動を続けていきましょう。将来、自分でやってみたい業務、自分が働いてみたい職場のイメージをハッキリさせておきましょう。そのイメージを実際の職場とのそれらが合致しているかどうか、落ち着いてしっかりと考えてみてください。しっかり考えることで良い転職先が容易に見つかるはずです。

  • 転職時の面接でしてはいけないのは必要以上に猫かぶりすることは…

  • 転職を成功させるための面接に関して、してはいけないのは露骨なまでの猫かぶりは、残念なことに逆効果です。そんな事態を避けるためには思い切って面接の際は「休暇」などの、多数の人がちょっと聞きにくいことも思い切って率直に尋ねておくと、最終的に間違いなくあなたのためになります。信じがたいかもしれませんが、「そんな無遠慮なそういった内容を無神経に尋ねることで面接で良い結果が期待できないのではないか」と気にする人もいるかもしれませんが、ところが面接官に良い印象を持ってもらえることは結果的には少なくないようです。このような労働環境やお金に関連する疑問点は、多くの人が知りたい内容なはずです。しかし、面接の場ではなかなか聞けないものです。けれど、逆手に取って、「勇気のある人だな」ということで思わせることができます。

  • 転職活動において、かなり重要視されるのが「面接」である。

  • 転職時にかなり重視されるのが「面接」である。ふつうの面接では、面接担当者が応募してきた人に対し、転職を決意した経緯や仕事の意気込みなどいろいろと聞かれることになりますが、そしてほぼ100%、面接終了の直前に次は、転職希望者から、面接担当の人へ疑問点などを質問できるわけです。面接担当のスタッフから「何か我が社についての疑問に感じる点はありませんかね?」と聞いてくれるわけです。そういった質問が来たときは、緊張して何も聞けなくなったりするものです。後々後悔しないように面接を受ける前に面接担当者からの質問に際し、質問の内容を用意しておいた方が良いかもしれません。冷静になればよく考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。

  • 転職する場合、それなりの準備は不可欠です。

  • 転職活動する場合、準備はやらなくてはいけません。そのなかでも、目に見える「服装」は注意している人は多いでしょう。ただ、現在の採用面接では形式ばらない服装がOKな会社があるので、スーツを着て面接に出向かなくても良い場合があります。会社の設立間もない会社などは、フレクシブルな考えなので私服で面接を受けたほうが、相手先に良い印象をあたえます。そして、正装ではないので、堅いイメージを与えないのでフランクに会話がしやすい、というメリットもあります。また、私服であれば面接のなかで、服装について、話が広がることもあります。ですから、もしかしたら担当者と仲良くなれる期待ができます。ですので、転職活動は会社の「創業年数」で選択し、(ベンチャー系などの)面接時には正装はせずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。