転職の決意したのなら、完全に会社には内密にそれを伝えず…

万が一あなたが、とらばーゆを決断したなら、まったく周囲の人に・・

  • 一度、転職を決心したなら、まったく社内の人間には内密にそれを告げないように、うまく転職活動していき、現在の会社に所属している間は、なるだけ周囲に知られないように平常通りに業務をこなしていくのが合理的です。現職中、これを徹底することで、もしも希望に沿う転職先を簡単に見付けることができなくても、転身の予定を先延ばしにしながら現在の職をそのままし続けても簡単にできます。そうではなくて、ついつい「転職するつもりでいる」と口を滑らせてしまうと、社内の人は、それを受けた行動をし始めます。さらに「辞めるつもりです」と言ったが最後、周囲には「あの人は退職する人」という位置付けになります。そうなると、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、周囲の人たちは、「一度は退職しようとした人」ということで在籍中ずっと、立場が悪くなる思いををするリスクが高いです。
  • 近いうちに転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合は、…

  • 転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうならできれば「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。失業手当は勤めている会社で社員に「雇用保険」を支払っていた場合は、必ず誰でも失業手当を受け取れます。また、手続きについては「ハローワーク」で行います。自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、現在の企業の都合での退職や、残業時間によっては、日数をおかずすぐに貰える可能性もあります。支給される「失業手当」の額は、会社の辞めた月の直近の給料を基準にして支給する額を計算されるため、もし、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。
  • 今ではスマートフォンは便利でネットで見られる世界で・・

  • 世の中は変わっていてPCやスマホは便利でインターネットの世界では、「転職サイト」に類するものがそこらじゅうに存在します。サイトから自分自身の目的に合った転職先と思えるのを見つけるにはとりあえず情報を収集することをしましょう。こんなサイトを上手く使いこなすことで、よりスムーズな転職を叶えられます。転職情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む「転職サイト」もありますが、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。とりあえずは、信用に足るサイトかどうかを見極めることが大事ですからよそと比較しながらしっかりチェックしてみましょう。
  • 転職の際に「失業保険」給付のための手続きをしておく必要があるのですが・・

  • 転職を予定しているのなら今務めている会社を退社する時に失業保険に関する手続きをしなければいけませんが、もしも自分から退職願を提出して退職する、いわゆる自己都合退職のケースでは失業保険が即座にはでません。手続きを終え、失業したことを認められてから3か月経つこことが必要なのです。よく間違って会社を辞めた次の日から3か月経てばもらえると信じている人がいますが、この規則について誤解している人が、本当はもらえるはずだと言い張ってそれが原因となりハローワークの担当者と揉めているのを過去に見たことがあります。ちなみに、社員側の都合ではなくリストラみたいな「会社都合」での解雇に遭遇した場合は、失業が認定されれば直ちに失業保険が給付となります。
  • 転職を、派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひチェックしてもらいた…

  • 転職を、「派遣社員」として、転職を考えている人にぜひチェックしてもらいたいことがいくつかあります。なんとなく派遣業務については、「電話対応」「データ入力」「その他雑用」などの仕事内容を思った人がおそらく少なくないでしょう。実はかく言う私もそう勘違いしていました。今、勤めている企業に入るまでは「派遣社員」の募集を見て応募したときには電話応対と聞いていました。入社前に派遣会社からも説明も受けてました。でも、いざ業務に掛かると、なんと「電話対応」にプラスして、欠員した正社員の穴埋め役を指示されました。とくに何をしていいのかもよくわからず、はじめの説明と大きな食い違いがあるので非常に困っています。とりあえず、ひたすら「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。
  • 自分が仕事を探していた時期にかなりたくさんの人材紹介会社に登録していました。

  • 自分が転職を考えていた時期に割とたくさんの人材紹介会社に登録していのだが、その時に感じたこと、それは転職のアドバイザーの質に関しても本当に色々あってほとんどの場合、物足らないと感じるアドバイザーでした。こちらは人生かかっているのにもっと真摯に臨んでほしいという気持ちが積もってしまいました。そのことが契機となって自らキャリアカウンセラーを志すことになりました。キャリアカウンセラーの資格取得のためには支出が増えました。また資格取得のための勉強においてもとても大変なわけですが、就活中の人たちから信頼してもらえる存在になるために努力しています。
  • 転職活動で重要なことは希望先転職先の会社企業というより…

  • 転職は、最初の第一歩は希望している企業そのものより、人事や採用担当の面接官とのやり取りが肝心といってもいいでしょう。希望する企業に採用されるために、第一歩としてあまり意識せずに焦る気持ちを隠し、平常心でいるように心がけましょう。女性とお見合いをする心構えで望むのも大事でしょう。とくに面接係員は第一歩としてあなたの人柄や人間性を見られるので悪い印象を与える行動は注意しゼッタイにやめましょう。なおかつ常識的な社会人らしくきちんと整った服装を意識してください。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。面接官に企業に採用したい人材と認識されれば、かならず転職活動はかなり楽になります。