このような話は兄の友達から聞いた話です。

こうした話は兄の友人の話です。

この話は友人からの話です。就職活動を始めて新卒採用として死んでも入りたかった最終目標であるA社の最終面接で不採用になり、ですからやむを得ず別の会社で働くことになりました。それから1年経た頃に派遣の求人サイトの中で偶然にもA社の紹介予定派遣の求人が目に入り、気持ちを抑えることができなくなってその時働いていた会社をすぐに退職し、A社で派遣の勤務を開始、勇気がありますね。必死のパッチで頑張ってそれから先希望通りA社で正社員になり、現在ではやりがいを持ちつつ元気に仕事をしています。

再就職における面接などに関して担当者に名刺を渡された場・・

再就職における面接などに関してもし面接担当者に名刺を手渡されたら、あなたも名刺を相手側に渡した方が良いのか?と対応の仕方に悩んだ場合は、普通一般的には渡す必要はないと思っておきましょう。転職のための面接というのは仕事の延長上のことではなくて、職に就くための就職活動内のことになるので、大体は名刺をやりとりする時間ではないのです。そのうえ、会社の人間としてではなく、あなたのことでそこにいるわけです。それゆえ、もし相手側から名刺を差し出されても、こちらに関してはもらうだけでよくて、面接担当者に相手にあげる責任は少しもないと思います。

失業時にもらえる「失業保険」は、失業中でなければ給付されませんが、…

失業したときに受け取ることができる失業保険は、失業中であることが給付のため必要ですが、延々と給付されるわけではありません。それまで勤務してきた期間に応じて変動し、90日とか120日とか決められるのですがなんとこの現実を理解していない人がいます。永久にもらえるものと勘違いして失業保険で生活すればいいと考えて仕事を探さない人もいますが、後々あと1か月しかもらえないと分かってから急いで転職活動を開始しても条件のよい仕事を探すのは困難です。転職候補となる会社の面接官もバカではないので、失業中にきちんと求職活動をしていたかといった内容は大よその想像が付く。ヘタをすると、面接の時にその手の質問をされることもあります。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、合格する可能性は限りなくゼロに近くなります。

転職を考えている際に閲覧することになる求人というのは…

仕事を探している際にチェックする募集内容については基準的なものとして掲載されている、という確率もあり得ますので、書かれていることは100%間違いのないものだと簡単に信じるのはやめておいたほうが最善でしょう。特に給与面においては、一般的な値なのか?最低限なのか?最高額の給料なのか?という見極めができない場合が多く、自分で適当にわかったつもりでいると、今後、嫌な思いをすることもあります。そんな訳で、悔いることのないように、募集要項に書かれていることは参考程度に考えて、そのようなとても重要な内容は会社に直接確認を取るのが適切です。

「就職エージェント」の大手になると、たくさんの案件を取り扱っている…

大手の就職エージェントに限って、いろんな案件を持っているという魅力がありますが、反面、転職を希望する競合者も多いです。それゆえあなたが、気になる案件を見つけたとしても、そのエージェント担当者が望みがないと判断すると応募してもらえない場合もあります。さらに、企業から見てあなたよりも評価の高い人がいると、そのライバルを優先することもあります。このように大手エージェントでは、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱っており応募することが難しいので、少し規模の小さなエージェントに対し、気になる会社や案件を伝えておき、応募できないか話しをしてみると、自分の利益を考えて動いてくれることもあるので、そういった活用の仕方も良いでしょう。

生まれて初めて失業保険の給付を受けるケースでは、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える人・・

生まれて初めて失業保険の給付を受けるケースでは、何もしなくても受け取れると考えている人がかなりいますが、それは間違いです。実のところ、失業保険の給付を「就職活動」をしていないと駄目で、それに加えて、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。一か月おきにスタッフに求職活動の状況を報告して真摯に就職活動をしていることを信じてもらえれば次の月の給付が振り込まれるという仕組みです。もしも、本気で就職活動に取り組んでいないと判断されたり、毎月の職員との面談を無断欠席している場合は、ルールとして給付が一時停止となったり、ケースによってはその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそうならないために注意してください。

女性の転職は、数年前と現在と多少の変化があったりします。

女性の転職において、ここ最近とセクハラが問題視される前では少し変化があるようです。前は面接のなかで、既婚者なら出産の予定について自然に質問されることが多々ありました。でも、今の社会では、こういったデリケートな内容は、セクハラとして聞かない企業が増えています。そしてまた、とりわけ大企業ほど、タブーとして神経質になっています。が実際、会社側としては、〇か×ではなく、その人の価値観「結婚後も働きたいのか」「出産後はすぐに復帰するのか」などを当然、知っておきたいと思っているものです。自分の人生設計をわかってもらうためにも、自己ピーアールや志望動機の中に織り交ぜながら話すことで、相手方も考えがわかり、安心できると考えられます。そういうわけで、聞かれていないことでも、こちら側から企業にとっては必要な情報と捉え、話していくことを考えてみてください。