社会的な転職事情ですが、現在の安倍政権下では「アベノミクス…

政治による影響がでつつある転職を取り囲む状況についてですが…

  • 転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。現在の安倍内閣によって、「アベノミクス」「三本の矢」など、経済政策が続々打ち出されています。経済政策が日銀の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界や企業間では今までにない社会的な変化が具現化されてきています。その変化を受け、民間企業の側でも今度は労働人口の減少による「働き手が足りないこと」が社会的な問題として取り上げられています。最近では「外国人の労働者」の割合を現状よりも増加させていく、前提と現政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、転職問題も大きく幅が広がりそうです。こういった変化によって、日本国内の雇用・転職状況も大きな影響が出てくるのは間違いありません。
  • 転職期間中には、自分の好きなことに没頭するほか、体力を損なわない生活を習慣化しておく…

  • 転職先を探している期間中は、自分の好きなことに没頭することに加え、体力を損なわない生活を習慣化しておくとベストです。いざ仕事を始めた時に、趣味に集中していたことで知らない間に集中する力が高まっているのです。また体力アップしているために、一緒に働く人たちと比較すると疲れない身体になっている、と認識します。なので、退職して転社先が決まるまでは興味のあるなこと趣味に時間を充てることと、体力を落とさないようにするのが何より良い事なのです。転職が決まり、働き出した会社で同じ趣味の方と出会えれば、話が盛り上がるので、趣味をとことんまで極めることも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。
  • 昔務めていた会社で怒りっぽい上司に神経を使い、とう…

  • 就業していた会社で相性の悪い上司に嫌な気分にさせられ、結局耐えきれなくなりその会社は辞め、同業他社に働き先を変えました。新しい会社では上との関係も良好で働くことができてきわめて満足のいく毎日でしたが、時が経つにつれて会社の財務が悪くなり、とある会社に経営統合されることになったのです。偶然にも経営統合したのは驚くなかれ前に勤務していた会社で、その上すごく嫌いだった上司が再度私の上司になることに。どれほど縁があるのでしょうか。当たり前のことですが再び転職活動を開始するつもりです。
  • 将来的に転職活動をされるなら、良いと思う求人(もしくは業・・

  • 今後転職活動をされるなら、気になる求人(OR 業界)を見るたびに必ず「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネット検索したほうがいいです。求人票・転職エージェントの情報では、まずその業界に関するマイナス点は教えてもらえない、と思っておくべきです。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、インターネット検索で瞬時におおまかな実態を理解できます。そういう実態を理解しないまま、会社に入ると、後々に落胆してしまうおそれがあります。だいたいその求人募集が出ている理由が「仕事内容がキツイから人の出入りが激しい」というケースが少なくないのです。気になる業種や案件に関しては、疑問点を確実に払拭した上で、応募しましょう。
  • 最近はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」のほか・・

  • 今日はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、「ヘッドハンティング会社」も増えています。あなたに特許出願の経験があるなら、電話が来る可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人に限らず、研究開発で論文を発表した経歴のある人や、テレビ・雑誌などの「マスコミ」に出演した人など、「業績」を残した人に狙いを定めて、電話やメールで連絡を取り、ヘッドハンティングするネタにしています。万が一、あなたがヘッドハンティングっぽい話をされた際には、過去を振り返って、きっかけを考えるべきです。めったにないことですが、ヘッドハンティング名目として、登録料を要求してくる業者もありますが、そういったものは当然ながら詐欺なので、引っかからないようにしましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者がお金を支払う必要はありません。
  • シフトの仕事についてです。決まった曜日に勤務できる人を募集する求人・・

  • これはシフト制の仕事についての話です。特定の曜日に働ける人を募集する求人を頻繁に見るのですが、休み方やシフトの提出方法を面接時にチェックしておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、私は過去に、産休で抜けた人の代役として、正社員の仕事についたのですが、私のシフトが「土曜、日曜」固定となるシフトだったのですが、新入社員の私以外は、誰一人現場にいませんでした。前任者が土日は必ず出勤できる人だったので、私自身も同じタイプと思われていたようです。ですから「土日」に休まざるを得なくなると、シフト変更を前もって伝える必要があり、職場の先輩たちに「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と私が依頼しなくてはいけませんでした。給料も立場もほとんど同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。思い出す度、よくやってこれたなと思います。
  • 今まで経験したことのない業種とかに転身したいと思っている場合には・・

  • 全く経験したことのない業種とかに転身をしようとするときには、前の仕事で育んできた能力や今まで経験したことが生かせるといった内容のアピールが必要になります。未経験の分野の場合、経験していない分その業種で働いたことがある人よりも実際のところ、不足することはありますが、自分自身が保持しているスキルがその業界でも発揮することができるということをしっかりと相手に話せれば、戦うことができる場合も考えられるのです。そんな訳で、経験したことがない業界に飛び込む場合は、その業種と自分が今までやってきた職務とのつながりを必ず探しましょう。