人生初の転職を行うにあたって、心がけるべきことはなぜ現在の仕事を辞める必要があるの・・

最初に転職を行う場合、心がけるべきことはなぜ今の仕事を去るのか…

生まれてはじめて転職をする際、頭に入れておかなければいけないのはどうして今の仕事を去るのかをはっきりしておくことだといえます。その理由が根本問題なので、やっておくのが賢明でしょう。そして問題を解消できるであろう企業を決定しましょう。既卒者の転職活動は、大学等での就職活動とは性質が大きく異なり、現在の仕事を継続しながら転職活動をしていくため、時間と体力がなければやっていけません。それがために理由がはっきりしないまま転職活動を行えば、目標の途中で息切れしてしまいます。絶対に転職したい、現状に変化を加えたいという強い情熱がないのであれば、転職活動のスタートを切ることはやめておきましょう。

転職をするにあたっては、いろんな方法で情報を得ることが多いと思いますが…

転職活動をするにあたっては、いろんな経路で情報を収集するのが通常だと思いますが、転職についての口コミサイトは利用しないと損です。一時期、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたという理由から、サイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こした事例がありました。辞めさせられた社員の報復としてそのような口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、見方を変えると、ウソの書き込みであれば会社としては気にしなくてもいいはずです。しかし、実態は『クロ』で「本当のことが書かれているので、急いで炎上をしずめよう」としていると考えることも出来ます。口コミサイトも炎上によって注目されるので黙認しますが、よくない口コミが多いというのは、それだけトラブルが発生するおそれのあるとみなしていいでしょう。そもそも、本当に善良な会社であれば煙すら立ちませんから。

とある古物商の会社で、書類審査に合格しました。その後…

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類審査に受かりました。2、3日して先方から面接の日時を指定してもらいました。だが、当日、指定された場所へ行ってみると、なぜか相手が、面接準備を一切していないと知りました。所長らしき人が面接に応じてくれたものの、始終非常にだらしない態度を見せられ、かろうじて面接は終わりました。しかしながら、2週間後と言われた結果の連絡が一切もらえず、待っていられず、私から問い合わせると、「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待っていましたが、結局、届きませんでした。仕方がないのでもう一度電話をしたところ、驚くことに、「今回は見送らせてもらいました」と勝手に電話を切られてしまいました。私はしばらく何も言えませんでしたが、内心、採用されなくて良かったと痛感しています。

会社が原因で回復が難しいほど心的な負担がかなり増え、…

仕事をするにあたって回復が難しいほど心的に相当につらくなってしまい、転職しなくてはいけない状況に至ったなら、そんな時は、職場の人と相談していくより自身の家族と話し合い、退職するかどうかを決めたほうがいいです。というのは、働くということは自身のためでもありますが、身内の問題ともいえます。毎月、納得のいく報酬が良いからといって、精神面がボロボロになるまで延々と仕事をするのは好ましいとは言えません。現在では、物質的なことよりも、働きやすいことを優先していく生き方が尊重される時代です。ですから、あなたの身内とともに、あなたの心と体を大事にしましょう。

先週新しい仕事先を探すために人材バンクに登録をしに足を運びました。

転職の準備をしようと人材紹介会社に登録に出向きました。そこでカウンセリングをするために現れた担当の人の雰囲気がどうも20歳そこそこの社員のようで、私が説明した話の5割ほどもその社員は理解していないように思えました。しかも「キャリアデザインがまだまだですね」とか「もっと自分の強みと弱みを明確化することが重要でしょう」とか、わかったように横柄にしゃべるので大変不快でした。カウンセラーはそこそこ仕事を経験している方にしてほしいものです。

転職活動をする際に注意すべき募集内容は、そんなにきつそうな仕事ではないのに給料が高め・・

就職活動中に注意が必要な求人情報は、そこまできつそうな仕事ではないのにも関わらず給料が高く、拘束時間が長いものです。このような案件は、給料に『みなし残業代』を入れて告知している場合が少なくありません。みなし残業代というのは、『みなし』とも言い、30時間、45時間という風に求人の記載内容に時間が併記してあります。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、給料に残業代を入れて計算しておく、といったことです。(ちなみに、これは違法ではありません)例えば求人に『みなし残業代50時間込』という表記は「書かれた時間分の残業代を入れれば、この給料です」という話になるわけです。しかし、悪質な求人は、告知しておくべき『みなし』をわざと記載していないこともあるのでよく注意をしておきましょう。

転職活動における最後の難関として、今の仕事を辞めることがあげられます。

転職活動における最後に残る壁として、今勤務している企業からの退職があげられます。転職先がOKしても、現在働いている企業が退職を引き留めしてくる可能性があります。もしそうなってしまったら、何としても退職する、という強い気持ちでいることを大事です。引き留められて、一時的にとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社は、結局は関係が終わることになります。会社の規定を良く調べ、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届を書いておきます。そうして、決定権を持つ上司と直接、話し合い、退職を撤回する考えはありませんと、遠慮せずに伝えます。「円満退社」で現職を終えることも就職活動において大事なポイントになってきます。