新卒採用で入社した会社を辞め、思い切って転職しました。

新卒で入った会社を辞め、心を改めて転職を決意しました。

  • 新卒で入社した会社を辞めて、転職に踏み切りました。会社を辞める前は、想像以上に悩んでばかりでした。ですが、新卒で入った会社を数年で退職し、中途採用の形式で働いている人が大半であると転職活動中に学び、いつの間にか気持ちは楽になりました。なにより1回転職をすれば、不思議と肩の荷が下りたかのような気分になり、「自分のやりたいこと」を優先できて楽しくなっていきました。いまだ「続けてこそ意味がある」というような転職に対するマイナスイメージもありますが、それが必ず正しいとは限らないと思いました。私の転職活動は転職を経験して良かったと思います。
  • 転職の活動中はとにかく、何よりも自身の心のうちが静かで・・

  • 転職の活動を効率的にやっていくには、最初にゼッタイに自分の心が急がないということをとても重要視しましょう。会社で働きながら転職のための活動をしている場合、それほどはないかもしれませんが、退職してしまってからする場合はどうしても気持ちが焦りが出てしまいます。なので、気持ちを落ち着けながら活動してみましょう。自分がやってみたい業務や、理想と思える職場のイメージを明確にしておき、そのイメージを候補の職場と比較してみて、それらが合致しているかどうか、再度、冷静になって確かめてみましょう。時間を掛けて判断することで良い転職先が容易に見つかるはずです。
  • 転職の際に必須となる企業での採用面接での多数の人が考え違いをしているので…

  • 転職時の会社の面接に関して、やめておいたほうがよいのは度を超えた猫かぶりしていると、はっきり言って逆効果になる可能性があります。そうならないためにその場を繕うのではなく面接の際は「給与制度」などの、普通は触れにくい内容を勇気を持って率直に訊いておくと、結果的に確実に自身のためにもなります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「そんな無神経なそういった内容を無神経に尋ねたら、選考結果に落とされてしまうのでは?」と危惧する人もいるかもしれません。だけども、意外と良い結果をもたらす可能性が高いといいます。このようなお金や労働環境に対する内容は、実際には、多くの人が知りたいと思っています。ついつい面接で緊張していると、不採用を恐れて質問できないのが普通です。それをあなたが一歩踏み込む勇気があれば「正直な人だな」ということで面接官に印象づけられるのです。
  • 転職活動において、重要視されるのが「面接」である。

  • 再就職する際、比較的重要視されるのが「面接」になります。普通の面接では、面接担当者が応募者に転職理由や退職理由など色々な質問が飛んできます。そして必ず、面接の終盤になると、次は、転職希望者から、面接担当者へ不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがあります。担当者から、「弊社について何か疑問や質問などはありますか・・?」と尋ねてくれるわけです。と尋ねられた際に緊張状態で、戸惑う可能性もありまよすね。こんな時の為に、面接を受ける前に面接官からの質問に対し、(あなたからの質問を)整理しておくのもいいかもしれません。冷静に考えてみれば何かしらの疑問点はあるはずです。ぜひ、試してみてください。
  • 転職活動する場合、相応の準備は必要不可欠です。

  • 転職活動する場合、準備は欠かせません。準備といってもたくさんあるのですが、特に「服装」を重要だと感じてしまいます。ですが、今の面接については、私服がOKなところも多いので、しっかりスーツを着て赴く必要がないケースもあります。会社の創立してすぐの会社などは、柔軟性に富んだところが多く、私服で面接したほうが、良い印象を持ってもらえます。正装でないので、ざっくばらんに話をしやすくなります。さらに私服だと、時には面接時に服装について、話が広がることもあります。ですから、もしかしたら担当者と仲良くなれる期待ができます。ということから、今から転職活動をするつもりなら、企業の「創立した年」に注目してみて、(ベンチャー系の)面接時には私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。
  • 求人関連の情報では、大部分の職場では月の収入が明記されています。

  • 求人についての広告には、とうぜん大部分の企業では月の収入等が記載されています。だけれどもこの部分を頭に入れる際は、深く確認する事が欠かせないです。額の多い少ないだけ見てわかってしまってはいけません。実は場合によっては、月収の額の内訳に「毎月30時間の残業」が含まれているおそれもあります。何があるかというと残業代の金額をあえて含めることで良い案件に見せて、人材を募集しているケースも考えられるのです。そのほか、「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている可能性が考えられたりします。ですから、そうやって応募者を増やそうとする会社には「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。
  • 転職したいと考えている会社で見学などがあるととても勉強になります。

  • 転職候補先での見学に参加するとかなり勉強になります。とくに、「職人」がいる会社は、職人技を間近で見られて楽しめます。ですが、残念なことに「職人」がいる会社見学では見学者には絶対、本当の仕事現場を見せてくれることはまずありません。典型的な例を挙げると、ずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などの分野です。この分野では、癖の強い人が多いので実際に入社しないと、本来の姿がわかりません。なので、見学で触れた内容がそのまま仕事現場とは考えないことがたいへん大切です。それに加えて、見学時に実際に仕事体験させてくれる会社は、問題があるので言語道断といえます。正規雇用が結ばれていない場合、仮にケガなどのトラブルに見舞われたとしても、保証が一切無いので、仮に、勧められても丁寧に断っておくようにしましょう。