以前、地元関連の婚活系のパーティーに参加したことがありますが、そのとき・・

以前、地元が発起人となっている婚活(結婚活動)を目的に行われたイベントに…

  • 少し前に、私は地元が主催している結婚活動(婚活)に関するイベントに参加したのですが、そのときは私自身でも満足のいく、良い結果を出すことができました。その結婚活動イベントでは特定の業種に限られておらず様々な仕事の人が参加していたのですが、普段、接点のないような人とも話すことができたし楽しかったです。様々な内容の話しをしましたが、異性との距離を縮めてくれたのは恋愛の話でした。私の恋愛に対しての価値観や結婚観についてけっこう真面目に話したのですが、その結果、真面目な人として見られていたようです。私が真面目なタイプに見えたことが良かったのか、異性から印象がとても良かったのです。婚活(結婚活動)に関するイベントでは自分がいかに誠実であるかを違和感なくアピールできれば結果が出ると感じました。
  • 婚活のことで悩みを持っているのは、主に30代、40代が多いのです。

  • 結婚活動に悩みを抱えているのは、主に30代~40代です。少し前であれば、20代で結婚される女性がほとんどでしたが、多くの女性の社会進出とともに、30代以降に結婚や出産をする方が一昔前と比べたら増加しています。ですが、女性の社会的地位が高くなるほどに、女性が結婚相手に必要とする条件も高くなってしまいがちです。「条件をクリアする結婚相手が見つからない」という風に悩まれているのなら、30代・40代をターゲットにした結婚活動サイトを選択されるのがベストです。そしてその中には、「ハイレベル婚活」というジャンルもあるので、セレブになりたい人のためにそれらを選択しておくことをお勧めします。
  • あなたが結婚活動が目的のデートのために新しくバッグを購入するのであれば、…

  • あなたが婚活でするデートのために新しいバッグを購入するとしたら、小さめのトートバッグがおすすめです。小型のトートバッグは高級っぽさが出すぎず、デザインも上品ながらフォーマル過ぎず、様々なスタイルに使える適用力の高さが優秀なバッグです。それから、収納力も優れているので、ほぼ1日分のお出掛けに、外出に必要なものはしっかりと収まります。小型トートよりもサイズが小さいバッグだと、オシャレで邪魔になりませんが、収納力が足りないという問題があります。おすすめの小さめのトートバッグは、今はカラー・デザインともに無数にあるので、婚活が目的のデートのために、持っておきましょう。
  • 「結婚したいなら、男の胃袋をつかむのが近道」と格言のように言われているわけですが・・

  • 「結婚願望があるなら、男性の胃袋をつかめ」と耳にした人もいるとは思いますが、これは本当のことです。なぜなら、結婚をすると、同じ屋根の下に暮らすことになるわけですが、そうなれば、言うまでもなく、まいにち一緒に食事することになるので、料理が好きで家事が苦にならない女性が望まれるからです。・・・が、「どういった料理が得意ですか?」と質問された場合、パスタ及びカレーライスと返すのは絶対にやめましょう。男性の多くは、パスタを軽食レベルのものと思っています。それから、カレーに関しては市販のルウさえあったらいいので、ルウもオリジナル、ぐらいでないと得意ですと言われても男性からの評価が高くはなりません。「どのような料理が得意ですか?」と聞かれた際、ぜひお勧めしたい答えは親子丼。気取った料理でもありませんし、非常に家庭的な雰囲気がありながら、盛り付けるのが難しい料理でもあります。そのため、料理が本当に得意なんだ、と思ってもらうことができますし男性からのリアクションも良いので、実際に作る練習をして自信をつけたら、婚活でアピールしてみましょう。
  • 結婚活動(婚活)をしている人のなかには、結婚を考えたとき、一番に何を求めるかと聞かれた・・

  • 結婚活動において、生涯のパートナー相手に求めることとしてお金よりも愛情が大事なんて言う人がおられます。けれども、現実、プロフィール欄で最初に目が行くのは顔です。次に年収(経済力)、次に職業です。そういう根拠として、見た目がカッコ悪い人、は候補になることもなく、年収が500万以下の男性の場合は、実際に会うこともできないのです。職業に関して女性の場合ですと、いい年で家事手伝いなどと記載していれば、家計をともに支える気持ちがない、と男性から判断されて、結婚対象としてはずされる可能性が高くなります。このような結婚活動で重視される部分を理解できていないと、まず第一段階である会って話をするチャンスすらなく、通算で何十連敗、、と最悪な状況に陥ってしまうかもしれません。
  • 結婚活動が目的のパーティーでは、ハイヒールの着用はNGです。

  • 結婚活動で行われるイベントに参加するときは、8センチを超えるレベルのハイヒールは使用しないほうが良いです。この話は、私自身も初めて知りました。あまり知られていないこともあり、うっかりミスしてしまう、といった人が多いと聞きます。実際に、婚活系のパーティーでも、見かけます。会社内のルールでも、ヒールは○センチ以内、と設定されている場合がありますが、結婚活動で開催されるイベントでNGなのも、これと同じような理由が影響しているのでしょう。男性を下に見ないように、圧迫感を与えない、男性への気配りの一環と見ておきましょう。ちなみに、私は身長が高いので、はじめからヒール丈の高いものを履いて行きませんでしたが身長の低い女性は、それを隠そうとするあまり、ハイヒールを選択しようとします。結婚活動の場では、3センチから5センチくらいのヒール丈が無難です。スタイルが良く見えるからと言ってこだわってヒールを履こうとしないように注意してください。
  • 普段の私は、とても明るい性格で、意思をハッキリ伝えます。

  • 普段は明るいですし、誰と会話してもハキハキした受け答えをします。婚活でやっているイベントでは、もじもじした物静かな雰囲気の女性を演じてみたかったけど、結構難しいんです。それ以前に自分で恥ずかしくなることもありました。けれども、とある婚活で行われるイベントに参加した際は、控えめな女性を最後まで演じることができました。周りに私を知る人がいないという事もあったので、勇気を出して、「聞き上手」なおとなしい女性に変身してみました。いつもは、けっこう話すようにしていましたが、終わりまでずっと、自分から話をするのをやめて、相手の話をニコニコしつつ聞いているという至ってシンプルな戦法を取りました。本当の自分とは全く違うキャラクターが功を奏したのです。