励んでいる転職活動の際、「自分は経験としてこのよ・・

転職活動の際、「私は今まで、このような仕事をがんばってきました…

いい転職をしようと転職する活動をしているときに、「私はこれまでこういった職場の仕事をがんばりました」「過去の仕事によって、こういった技術を身につけることができました」と過去の自身の成功体験などを強調してアピールしなくちゃと考える人は少なくありません。しかし、転職希望する1から始める組織で「させてもらえるのならばこういった仕事をしたい」「このような内容の事なら積極的に貢献できると思う」と未来の姿を話してアピールする方が効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。

転職における面接にとある会社に出向きました。

転職における面接にとある会社に出向きました。偶然社内の会議室が空きがないとのことで外部の場所で採用担当者と待ち合わせて採用面接をして、その場所で解散し、面接担当者もそのまま自宅直帰されるとのことだったのですが、驚くことに下りる駅が私と同じだったのです。なので電車内においても面接を行った人とずっとおしゃべりをしながら帰宅することとなって、すっかり緊張がほぐれ面接より話が弾み、それが良かったのか最終的に採用を掴み取ることができました。

ほんの2,3ヶ月まえに、転職したばかりであるにも関わらず…

2,3ヶ月まえに、転職したというのに、早期に辞めてしまう決意してしまう人がけっこう少なくないのです。それは私見ですが会社を見つけたものの、「自分の期待していた職場とけっこうギャップがあって幻滅した」「独自のルールに慣れなかった」という感じで別の仕事を探すのだとか。可能ならこのような失敗を繰り返さないためには、第一に、転職先の情報収集を欠かせません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、職場独自のルール、昇給システム、など前もってチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

新しく就いた職場でそれまでに身に付けたスキル・キャリア活かせられれば・・

新しく就いた仕事でそれまでの資格やキャリアを活かせられれば、即戦力となって早々に職場で存在感を得られるでしょう。人を募集している雇い主としてもそういった人材は常に欲しがるものですから、タイミングさえ良ければ、円滑に事が進むでしょう。更に過去の業務内容と同じような環境の職種なら可能性は十分にあります。ですが、なかなかの実力があるといっても一流企業の事務系の仕事や、公務員(国家・地方ともに)は時代や景気に関係なく相当な難関を勝ち抜かないと就職自体が難しいので注意です。

再就職をする際に面接で決まり文句のように質問される…

再就職をする際で100%聞かれるのは前に働いていた会社を辞職したのかという話ですが、このような質問になった場合には話題を前職のことにしない方が安全です。辞めた経緯が話題の中心になってしまうと必然的にマイナス要素を含んだ話になってしまいますから。このことを上手く話すには、前職を退職したのはこちらの会社にぜひとも入社したいと思っていたからといった感じに持っていくべきであり、自分が入りたい会社の方に焦点を当てるべきなのです。転職理由でも、そういう話ならば、マイナスではなくプラスの要素を含んだ辞職の理由に変えることが可能です。

職を変える際にいるビジネススーツのカラーにおいては…

転職の面接で着用するスーツの色は、新卒の方が就活の際にに着るカラーが暗黙の了解となっています。要するに、黒や紺色といった暗めの色味になるわけです。再就職のケースであっても、着ていくビジネススーツの色味に関してはこういったような暗い感じの落ち着いたカラーが多数で、他の色のスーツの人は少数派です。あえて言うならば、まれにグレー系のスーツを着ている人がいるくらいで、全体から見ても黒や紺のスーツを着ている人が大多数なので、面接を行う人事部から見てもそういった色であるほうが普通であるように感じるので、見た目の印象という面ではおすすめしたいのです。

転職しようと思うなら、すぐに「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。

仕事を始めてすぐはいきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。ことさら、転職した初年度は、おおむね「試用期間」を含んでいる企業もケースが少なくありません。私の事例では、やっと転職したというのに、予想とは裏腹に前職での稼ぎと年収とほとんどイコールでした。そればかりでなく、仕事内容もきつく、責任のある立場で、1年目をクリアするのにたいへん骨が折れました。そういった実体験を踏まえると、1年目は、仕事を覚える期間と割り切り、できる限り転職する前から貯金をしておくべき、と思います。