長期間接客関係で働いていたのですが、年齢を重ねるにつ…

長年接客業で勤め続けてきたのですが、年齢を重ねるにつれ…

長い間接客業で勤務してきましたが、年齢を重ねると共に立ち続ける必要のある仕事は体力的につらくて、座り仕事である事務の仕事へ転職することを視野に入れて行動にうつりました。事務が未経験となるとけっこう厳しく、そうであれば接客の要素もある受付兼医療事務を目指そうと考え資格試験にも合格し個人のクリニックに転職することができました。周りは超ベテランである先輩パートさんばかりで人間関係もややこしい。夜のシフトばっかりさせられて、接客業で働いていた頃より帰宅時間が遅くなってしまったのですが、まずはキャリア形成をするんだと考えて仕事に励みます。

派遣で働いています。労働契約法の関連でやむを得ず、長く勤務してき・・

ある会社に派遣されて働いています。労働契約法により残念ながらずっと働いていた就業先での仕事があとわずかで終わります。同じ派遣である方の中には、派遣先で正規社員のポジションを獲得した方もいるのですがそれは正直なところ仕事の腕とは関係なく派遣先上司の扱い方がうまくてそれで採用された気配。仕事の能力よりもおじさん転がしの能力が重要なんじゃないのと抜擢されなかった他の派遣の仲間と職場で文句を言う毎日です。

転職サイトは大手のサイトであるほど掲載される会社も多いので、…

転職サイトは、大手企業が運営しているものであるほど掲載される会社も豊富なため、入社したい2~3社を、サイト登録して、勤務地・年収などの条件を事前に設定しておき、さらに条件に合った求人情報が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと容易に情報を集めることができます。ただ、最初は登録しなくてはならないのでサイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をきちんと準備しておき、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。登録をする第一回目は時間が多少掛かるため、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、次回以降は新規案件のみチェックするだけでよいので、後の応募を考えれば、最初の準備をしっかり行うことを推奨します。

かつての私は、職探しは「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」に相談していました。

今まで私は、求人情報は「転職サイト」よりも、主に「ハローワーク」を利用していました。どうしてかというと、大抵の転職サイトは、特性上、都心部にある会社の求人ばかりだからです。そのため、求人情報をチェックする時は、「ハローワーク」のみ使っていました。やっぱり、大手転職サイトに掲載されている求人よりいくらか知名度は低くなってしまいますが、地域に根ざした情報が安心して面接に進むことができます。また、「聞いたことのない企業ばかりで不安」と思われている方も多いかと思います。良い求人情報も載ってたりもするので、もし転職を考えている人は参考までにハローワークへ1度行ってみると意外な発見があるかもしれません。有名な転職サイトのようにたくさんのニュースレターの心配もありません。

再就職する時に行われる面接のときにつける腕時計については・・

再就職の面接のときに着用していく腕時計は、どう見ても目を惹くタイプの時計の着用は避けたほうが良いです。目立つというのは高級ブランドの腕時計とか、といったことだけではなくそれとは真逆で安物の印象を与えるとか、そのような目立つという意味であって両極端で目を惹く、と頭に入れておいてください。転職の面接のときにする腕時計についてもネクタイやスーツと同様にとらえ面接するにふさわしい堅実なものをするほうが良いです。ただ、年齢に見合った腕時計であるということもとても重要で、新卒の頃に準備した腕時計よりは多少でも高いものにした方が好印象であるということははっきりといえます。

現在のあなたの勤め先や仕事に対する大半の人は少なからず不満を感じていると思います。

現在の勤め先や業務内容について不満に思っていることの中に、「自分の能力(スキル)を適正に評価してもらえない」よって、「給料アップもないし、将来的なレベルアップもまったく期待できない」といった不満が多くを占めるでしょう。しかしながら、気持ちは理解できます。しかし、そんな不満を持つ人の中には自分自身の持っている器量を実際よりも過剰評価し過ぎていないか、再確認することが肝心です。万が一、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分を生かせる企業や職種がない」と転職がうまくいかないおそれがあります。可能性が少なからずあります。そういうわけで転職を円滑に行うためにも、自分のキャパシティを客観視することが大切です。

再就職の時に行われる面接時の身なりは企業側からクールビズ可・・

再就職の際の面接についてですが企業側からクールビズでもOKとと事前に連絡が来る場合もありますが、クールビズの格好は良くない印象を与えるのではないか?と感じてしまいます。そのような考えを懐に感じている人に言いたいのが、会社側からクールビズでも良いとされている面接は書かれている内容をそのまま守った方が堅いです。色々考えすぎて、暑い季節にしっかりとしたスーツを着用していくと暑苦しく感じられますから、会社側からクールビズでも大丈夫ですよと伝えられたらクールビズでいくのが望ましいです。